救急コール

の卒中は「時間とのたたかい」です。

症状が出たら「様子見」は禁物
すぐに救急車を呼びましょう。

脳卒中

脳卒中は、大きく分けると、
血管が「詰まる」「破れる」かの、
どちらかが原因。

血管が詰まる 脳梗塞
血管が破れて出血する 脳出血くも膜下出血

こんな症状が出たら要注意!!

回転性めまい

回転性めまい

  • 自分自身か周囲のもの、またはその両方が回転している感覚が生じる
意識の異常

意識の異常

  • もうろうとする
  • 理由なく暴れる
手足の力の異常

手足の力の異常

  • 字がうまく書けない
  • 片足を引きずる
手足の感覚の異常

手足の感覚の異常

  • 唇の周囲と片方の手のひらの感覚が同時におかしくなる
  • 入浴時、体の半分は厚さを感じない
言語の異常

言語の異常

  • うまく話せない
  • 聞いた言葉や読んだ文章が理解できない
視野の異常

視野の異常

  • 片方の目が見えない
  • 二重に見える
バランスの異常

バランスの異常

  • 座ったり立ったりできない
  • 体のバランスをとれない
その他

その他

  • 突然記憶があいまいになる
  • けいれん発作

脳の疾患が原因なのか、その他に原因があるのか、きちんと精査するための「除外検査」を早期に受けることが大切です。

やまさき脳神経外科クリニックの治療方針


くも膜下出血(動脈瘤)の主な症状

激しい頭痛

激しい頭痛

  • 今まで経験したことがない突然の激しい頭痛
言語の異常

意識障害

  • うまく話せない
  • 聞いた言葉や読んだ文章が理解できない

くも膜下出血は、脳動脈瘤と言われる、血管が枝分かれしている場所に出来るふくらみが、突然破裂することによって起こります。

くも膜下出血は主として脳の表面や脳と脳の隙間に出血が広がりますが、出血によって頭の圧があがり、今までに経験したこともないような激しい頭痛や嘔吐が起こる特徴があります。

発症してしまってからでは遅く、命に関わったり重い後遺症が残る事が少なくない病気ですので、そうならないための予防や検査を強くおすすめするとともに、出血の危険因子として挙げられる、高血圧・喫煙・多量の飲酒等を見直すためのご相談も受け付けています。

発症してからでは遅い、くも膜下出血を「予防」するための検査を行うことが重要です


周囲の方が発作症状を起こしたら、
すぐに救急車を呼びましょう

周囲の方が脳卒中と疑われるような発作症状を起こしたら、すぐに救急車を呼び専門医のいる病院へ搬送してもらうことが大切です。そのためにも、上記のような症状例を知っておくは重要です。

「しばらく様子を見てみよう」と、医療機関への搬送が遅れると、寝たきりになったり後遺症が残ったりする可能性は高まりますし、死に至ることも少なくありません。
また、救急車がくるまでにすべきこともあります。

まず、交通量の多いところや直射日光の当たる場所で発作を起こした場合は、救急車が到着するまでの間に安全で日陰の多い場所に移します。
患者さんに意識があっても、自分で立たせると、症状が悪化する危険性があるため、避けてください。そして衣服やベルトを緩めます。
吐き気がある場合は、あお向けではなく、横向きに寝かせると、吐いた物で気道がふさがれる心配もありません。
また症状をメモしておくと、受診先の医師などに、要領よく説明できるでしょう。


救急車が来るまでに、
患者の周囲の方がすべきこと

1

適切な場所に移動させる

布団などに患者さんを乗せて、救急隊が応急処置をしやすく、運びやすい場所に移動させましょう。また、野外の場合は、風通しの良い日影へ運びましょう。

2

静かに寝かせる
衣服を緩める

静かに寝かせて、ネクタイ、ベルト、腕時計など、体を締め付けているものを外し、襟元やウエストを緩めましょう。眼鏡や入れ歯なども外しておくとよいです。

3

部屋の環境を調整する

部屋の中に寝かせる場合は、室温は20℃程度にして、換気を良くしておきましょう。また、照明はできるだけ暗めにしましょう。


認知症外来(もの忘れ外来)について

厚生労働省の統計によると、認知症高齢者の数は全国に462万人(2012年度時点)と推計されており、2025年には700万人を突破し、65歳以上の5人に1人が認知症になると言われています。
これは、未来に向けた大きな社会問題であると考えられます。

年を重ねると、誰もが多少の物忘れは起こるものなのですが、「もの忘れ」が気になり始めると、「これは年のせいだろう」と思う反面、「いや、もしかしたら認知症になったのだろうか」などと心配になってしまう方も多いのではないかと思います。

そのような「もの忘れ」に関するご相談をさせていただく場として、当院では「もの忘れ外来」を行っております。
当院の「もの忘れ外来」では、様々な専門的検査を行う事によって認知症の早期発見と鑑別診断を行い、必要な場合は薬物治療を導入するとともに、介護をするご家族も含めた生活上の相談やアドバイス、介護保険サービスの案内などを行ってまいります。

こんな症状はありませんか? 症状例

認知症外来(もの忘れ外来)について詳しくみる

認知症の方の介護をされるみなさまへ

認知症の方を初めて介護しなくてはならなくなったとき、これまで直面したことがない様々なことに、誰しもが戸惑い、思い悩んでしまいます。

当院では、内服薬を処方する等の病気の治療のみならず、介護をされる方のご負担を少しでも軽減できるよう、社会的なサポートへとスムーズにつないでいくことも、私たちの使命だと考えております。

お1人で抱え込まず、悩み込む前に、まずはお気軽にご相談ください。

こんな「周辺症状」に
お困りではありませんか??

  • 幻覚
  • 暴言
  • 暴力
  • 徘徊
  • 介護拒否

認知症という病気は、物忘れ等の中核症状以外にも、幻覚、暴言、暴力、徘徊、介護拒否等、周辺症状が見られる場合もあります。介護する方にとっては、このような周辺症状が見られる場合は、介護負担が非常に大きくなり、これらの周辺症状をどう対処していけば良いかが、一番の問題ではないでしょうか。

私たちは、こういった症状に対処するためのアドバイスや、対応可能な介護のプロのご紹介など、介護する方へのサポートにもしっかりと目を向け、認知症への正しい理解とご家族等に「ムリのない介護」をしていただくためのお手伝いをさせていただきます。

当クリニックでは、「認知症(物忘れ)」でお悩みの方やそのご家族に、インターネットでの相談を受け付けております。
詳しくは、「オンライン診療」をご覧ください。

平成29年4月より、私が小学校6年生の時より大学入学まで育ってきたこの地にクリニックを開業させて頂く事になりました。
とても縁が深いこの地に開業出来る事に、何とも言えない気持ちが溢れてくると共に、縁の深い患者様の健康にキチンと貢献する為に気を引き締めて行こうと考えております。
安佐北区の方のみならず、安佐南区や東区の患者様の健康維持の為にも頑張ってまいりますので、宜しくお願いいたします。

やまさき脳神経外科クリニック
院長:山崎弘幸

院長紹介院長インタビュー院長コラム


やまさき脳神経外科クリニック

診療時間
午前 09:00~12:30
午後 15:00~18:00(※1)

※1 午後の新患受け付けは17:30までです。
※2 日曜日と祝日は休診です。

アクセス

住所 〒739-1731 広島市安佐北区落合五丁目24番8号
TEL 082-841-0887
FAX 082-841-0888
駐車場 あり

地図など詳しくはこちら

全ての動画を見る



このページのトップへ