HOME > 院長コラム > D.カーネギー 「人を動かす」

院長コラム

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

D.カーネギー 「人を動かす」

D.カーネギーの「人を動かす」は1936年に刊行された名著で、人間関係をうまく築く上でこの上ない示唆を与えてくれます。

特に人の上に立って、部下をうまく使っていくという立場の方々に関して言えば、必読の一冊と言えると思います。

古くは創元社から訳本が出ていましたが、比較的最近になって新潮社からも訳本が出ていますが、内容がかなり濃く、多い為、一冊を通読するのは少し骨の折れるものでした。

今回、ディスカヴァー・トゥエンティワンより「超訳 カーネギー 人を動かす」という一冊が出版されました。

この本では「人を動かす」のエッセンスを、1ページ1格言の形式で簡潔にまとめてありますので、とても読みやすく、学びやすくなっています。

まとめてしまっていて、原著に比べると淡泊になっていますので、深みが無いように感じる方もいるかも知れませんが、原著を読む前に読んでおくと理解が深まる様に思います。



中国の古い書籍「韓非子」にも通じる事ですが、

「人は誰でも自分の事にしか興味がない」

これに尽きると思います。

自分が褒められる。
自分が高く評価される
自分を良く言われる

事を誰もが望んでおり、

自分が貶される
自分が叱られる
自分が見下される
自分が低く評価される
自分を悪く言われる

事など誰も望んでいないという事だと思います。

他人とよい関係を作ろうと思えば、相手のプライドを決して傷つけてはいけないという事をD.カーネギーは「人を動かす」の中で言っているように思います。

「それは何の利益にもならない」と言っています。

言葉にすると簡単ですが、日常生活や職場などで本当にそれを実践するのは、かなり難しいです。


人は無意識に自分のプライドを守る為に、相手を否定して上に立とうとするからです。

言おうとしている一言を飲み込む努力をしなければ、よい人間関係を作ることはできない様に思います。

特に、人の上に立つ人や、セールスマンなど、部下や顧客などと良好な人間関係を構築しなくてはいけない立場の人は肝に銘じなくてはいけないのではないでしょうか。

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ