HOME > 認知症

認知症

認知症外来(もの忘れ外来)について

厚生労働省の統計によると、認知症高齢者の数は全国に462 万人(2012 年度時点)と推計されており、2025年には700万人を突破し、65歳以上の5人に1人が認知症になると言われています。

これは、未来に向けた大きな社会問題であると考えられます。

年を重ねると、誰もが多少の物忘れは起こるものなのですが、「もの忘れ」が気になり始めると、「これは年のせいだろう」と思う反面、「いや、もしかしたら認知症になったのだろうか」などと心配になってしまう方も多いのではないかと思います。
そのような「もの忘れ」に関するご相談をさせていただく場として、当院では「もの忘れ外来」を行っております。

当院の「もの忘れ外来」では、様々な専門的検査を行う事によって認知症の早期発見と鑑別診断を行い、必要な場合は薬物治療を導入するとともに、介護をするご家族も含めた生活上の相談やアドバイス、介護保険サービスの案内などを行ってまいります。


こんな症状はありませんか?

  • 同じことを何度も言う、尋ねる
  • 直前にしたことを忘れる
  • 物をどこに置いたかわからなくなり、探し物が多い
  • 日付や曜日がわからなくなる
  • 今まで好きであったことに、興味や関心がなくなった
  • 身だしなみに構わなくなった
  • ささいなことで怒りっぽくなった

認知症の方の介護をされるみなさまへ

認知症の方を初めて介護しなくてはならなくなったとき、これまで直面したことがない様々なことに、誰しもが戸惑い、思い悩んでしまいます。

当院では、内服薬を処方する等の病気の治療のみならず、介護をされる方のご負担を少しでも軽減できるよう、社会的なサポートへとスムーズにつないでいくことも、私たちの使命だと考えております。

お1人で抱え込まず、悩み込む前に、まずはお気軽にご相談ください。


こんな「周辺症状」にお困りではありませんか??

  • 幻覚
  • 暴言
  • 暴力
  • 徘徊
  • 介護拒否

認知症という病気は、物忘れ等の中核症状以外にも、幻覚、暴言、暴力、徘徊、介護拒否等、周辺症状が見られる場合もあります。介護する方にとっては、このような周辺症状が見られる場合は、介護負担が非常に大きくなり、これらの周辺症状をどう対処していけば良いかが、一番の問題ではないでしょうか。

私たちは、こういった症状に対処するためのアドバイスや、対応可能な介護のプロのご紹介など、介護する方へのサポートにもしっかりと目を向け、認知症への正しい理解とご家族等に「ムリのない介護」をしていただくためのお手伝いをさせていただきます。

当クリニックでは、「認知症(物忘れ)」でお悩みの方に、インターネットでの相談を受け付けております。

詳しくは、「オンライン診療」をご覧ください。
 


このページのトップへ