HOME > 治療方針

治療方針

当院で主として診断、治療を行う病気

  1. 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血といった脳卒中
  2. 認知症
  3. 頭部・顔面外傷
  4. パーキンソン病を含めた一部の慢性神経疾患
  5. 髄膜炎などの感染性疾患

その他にも、脳腫瘍等にも対応していきます。
更に精査が必要であったり、入院加療を必要とする場合は、
専門病院へ素早く連携を取り、遅滞の無い治療を、確保させて頂きます。
また、専門施設での治療を終えられた後は、当院での経過観察を行っていきます。


治療の流れについて

1問診

まずは、来院時に受診をされた経過や症状などに関してお聞きします。

2診察

診察室内で、更に詳細な経過や症状、これまでの病歴などをお聞きします。

3検査

当院に導入しているCT/MRIを中心として必要な検査を行います。
可能な限り当日検査を行いますが、予約状況によっては後日の検査となる事も御座います。

4検査説明、治療

再度診察室にて検査結果の説明をさせて頂きます。
治療が必要と思われた場合は、適切な治療を開始させて頂きます。

5紹介

当院での治療の完結が困難と判断し、更に高次医療機関での精査や治療が必要と判断される場合は、ご希望も伺った上で、紹介をさせて頂きます。
☆出来るだけ紹介先はご希望をお伺いいたしますが、適切と思われない場合もありますので、ご希望に添えない場合も御座います。


このページのトップへ